英語ネイティブが略して話す短縮語のまとめ

英語ネイティブが略して話す短縮語のまとめ

英語ネイティブは英文を略す

 

ネイティブのみなさんは、英文を少しでも短くシンプルにする傾向があるのでリスニングもそのつもりで準備するとかなりの補助になります。

 

例えば中学で教わる短縮形の

I am ⇒ I’m
is not ⇒ isn’t

 

などの短縮形はネイティブは必ずと言っていいほど、短縮形を使います。

 

英語ネイティブさんに直接確認したところ“ is not ”のような言い方をする人は少ないそうです。

ほとんどの英語ネイティブが短縮形を使うと言っていました。

 

こういう言い方でも伝えることは出来るのですが、ネイティブが短縮形を使うのでこれを覚えないとリスニングに影響が・・・

 

とうことで、英語学習時には基本的に短縮形でいるところは短縮するということを心がけましょう。

ネイティブは略すと分かっているわけですから、もちろんリスニングもそのつもりで行います。

 

なので、私たちも口語として英会話を覚えるのであれば、短縮形をしっかり把握しておきましょう!!。

 

略すパターンをあらかじめ知っておくことでリスニングの補助にしようと、まあそういう先方ですww

 

アメリカ英語とイギリス英語では温度差もありますので、全ての英会話がそれで通用するわけではありませんが、接続詞の“ that ”なども略しますし、アメリカ英語は

 

Want to ⇒ wanna
be going to ⇒ gonna
(have) got to ⇒ gotta

 

などのリエゾンといわれている音から来る短縮形も良く使います。

 

例えば、“ wanna ”を例にあげると、“ want to ”の略語としてだけでなく、若者の間では「Do you want to ~」の略語として使われているそうで
 

Wanna go to lunch?(ランチ行ける?)

 
lunch

のような“ Do you ”まで略して“ Wanna ”から始まる英文を使ったりするそうです。

これらのリエゾンは一種のスラングとも考えられていて、どんどん新たに生み出されています。

これらを使いこなせるようになれば、英語ペラペラにまた一歩前進です。

 

ただし“ wanna ”“ gonna ”などの略語は砕けた表現になるので、フォーマルな場面や目上の方に対しては使わないほうが無難です。

 

ネイティブは短縮形を使っても良い場面とそうでない場面では、自然に使い分けているそうです。

あくまでも口語(カジュアルな表現)と理解しておきましょう!!

 

さらに、メールでは「You ⇒ u」「for you ⇒ 4u」「To ⇒ 2」など、正しいスペルを書きません。

有名なのが「Postscript ⇒ PS(追伸)」「Versus ⇒ vs.(対)」などですね。

 

中には「As Soon As Possible ⇒ ASAP(できるだけ早く)」「Talk To You Later ⇒ TTYL(またお会いしましょう)」なんてものも略して書くそうで、知らなければただの暗号かクイズになってしまいます。

 

1、ネイティブは基本的に省略できるものは省略する!!
2、短縮形、省略形を使うのは口語表現なのでフォーマルな場面では使わない。

 

wanna_dame
 

これが、英会話上達の1つの傾向と言ってもいいでしょう。

 

じゃあググってみてくださいsee you! では中途半端な記事になってしまうので、代表的な短縮形をまとめてみました。

 

代表的な短縮形

主語とbe動詞を短縮する

I am I’m
You are You’re
She is She’s
He is He’s
We are We’re
They are They’re
It is It’s
That is That’s
These are These’re
Those are Those’re

疑問詞とbe動詞を短縮する

How is How’s
How are How’re
What is What’s
What are What’re
Who is Who’s
Who are Who’re
When is When’s
When are When’re
Where are Where’re
Where is Where’s
Why is Why’s
Why are Why’re

notを短縮する

is not isn’t
are not aren’t
was not wasn’t
were not were’t
were not weren’t
do not don’t
does not doesn’t
did not didn’t
have not haven’t
has not hasn’t
can not can’t
could not couldn’t
must not mustn’t
will not won’t
would not wouldn’t
should not shouldn’t
shall not shan’t

have(has)を短縮する

I have I’ve
You have You’ve
She has She’s
He has He’s
We have We’ve
They have They’ve
You have You’ve
It has It’s
Could have Could’ve
Would have Would’ve

主語とwillを短縮する

I will I’ll
You will You’ll
He will He’ll
She will She’ll
We will We’ll
They will They’ll
This will This’ll
That will That’ll
These will These’ll
Those will Those’ll
It will It’ll

疑問詞とwillを短縮する

How will How’ll
What will What’ll
When will When’ll
Where will Where’ll
Who will Who’ll
Why will Why’ll

Wouldを短縮する(hadを略す場合も同じ)

I would I’d
You would You’d
She would She’d
He would He’d
We would We’d
They would They’d
That would That’d
It would It’d
How would How’d
What would What’d
When would When’d
Where would Where’d
Who would Who’d
Why would Why’d

代表的なリエゾン

you ya
want to wanna
(be)going to gonna
give me gimme
(have) got to gotta
got you gotcha
kind of kinda
should have shoulda

あくまでも、代表的なものを紹介していますので、まだまだたくさんあります。

ご自分でも探してしてみてください。

特に最後の「リエゾン」に関しては、一種のスラングとも考えられていて、つながった言葉の発音をもとに略されているのでたくさん存在しますし、流行などもありますのでツィッターなどで検索してみると面白いですよ!!!

Related Article

Comment
トラックバック () コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*