“ please ”はどうぞではなく「ください」

“ please ”はどうぞではなく「ください」

pleaseは「お願い」「ください」

 

英文ってなんとなく“ please ”つけとけば丁寧な感じになるイメージ強いですよね。

私が英語を教わっていた先生も“ Can I have~? ”には必ず“ please ”付けてねって言ってました。

 

ですので非常に多用すると思うんですが、何かを手渡すときなどにも「どうぞ」という意味で使ってしまいがちなのが“ please ”です。

 

これは、please=どうぞ と言う日本語訳で覚えてしまうからだと思いますが、誰かに何かを手渡すときに“ please ”と言ってしまうと、全く逆の意味になってしまいます。

 

そもそもpleaseはどうぞじゃなくて「お願いします」です。

 

どうぞって手渡してるのに、「ください」とか「お願い」と言ってしまっているわけですから相手は困惑しちゃいますよね。

 

例えば、海外旅行でパスポートを渡す場面を考えてみてください。

何と言って渡しますか?

 

pp

 

正解は “ Here. ”

丁寧に言うなら “ Here you are. ”です。

 

pleaseではないですよね。

 

 

では、もう1つ

来客に対して食事を差し出すときに「どうぞ(召し上がれ)」って何ていいますか?

 

正解は“ Go ahead. ”です。

 

meshiagare

 

ですので、「どうぞ」と言いたければ、“ Here. ”または“ go ahead. ”になります。

 

“ Here ”は手元にあるものを「はいどうぞ」と言って手渡す感じで、“ go ahead. ”は、「Can I~?/May I~?」と許可を求められたときに~しても「いいですよ」という許可を含んだ「どうぞ」になります。

 

here

 

頭の中で分かっている人も多いとは思いますが、いざその場面になると緊張して“ please ”と言ってしまいがちです。

 

私は手渡すときに“ please ”が出たことはありませんが、扉の前で他人と同時になったときなど「(お先に)どうぞ」と言いたいときに“ please ”と言いそうになったことがあります。

 

実際に言ったことはありませんが、“ please ”だと「先に行かせて」になっちゃいますね。

 

ay_m

 

「(お先)にどうぞ」と言いたければ“ After you. ”ですね。

 

誰もが知っている間違いかもしれませんが、恥ずかしいのでとっさに出ないようにしたいですね。

Related Article

Comment
トラックバック () コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*