フィットネスクラブのチラシで覚える「ご予約はお早めに」の表現

フィットネスクラブのチラシで覚える「ご予約はお早めに」の表現

今回はCORE NUTRITION & FITNESSという、ダイエットのための、エクササイズクラスの広告から「ご予約はお早めに」の表現を覚えます。

オーストラリアは、成人の約3分の2が肥満という、恐ろしいデブ社会なので、フィットネス産業がとても盛んです。

朝の早い時間に、海沿いを散歩していると、筋肉隆々のトレーナーが、数人のおデブちゃん達を率いているグループをよく見かけます。

その横に置いてある立て看板には、「必ず毎週体重が減る保障つき、減らなかったら、返金します。」とかなんとか書かれていたりして。

チラシによると、このクラスは、4週間で12回の無料お試し、だそうです。

食事のアドバイス付き、優勝者には賞品もありとのこと。

オーストラリアでは痩せていると言われるので油断していたら、日本ではすっかりLサイズになってしまった私も、是非参加してみたいものです。

ご予約はお早めに!

CALL TODAY!
(ご予約はお早めに。)

こちらは、無料のクラスですが、予約が必要とのこと。

そんな時に、よく書いてあるのが、このフレーズです。

以前、英会話学校で受付の仕事をしていたときに、こんなことがありました。

ワーキングホリデーで、オーストラリアに来たばかりの女の子が、プリペイドの携帯電話の契約をしに行きました。

そして後日、携帯電話会社からメールが届いていて、使い方に関する説明などの最後に、期間限定で今なら通常の3倍のリチャージができるキャンペーン中なので、“Call today”と書いてありました。

でも、昨日メールが届いた時、英語で電話を掛ける勇気がなくて、Todayと書いてあるのに、翌日になってしまったけど、大丈夫かな?とのこと。

直訳すると「今日、電話して!」という意味になるので、Todayの単語を見て、今日なの?と思ってしまったかもしれませんが、もちろん、その日でなくても大丈夫です。

ちなみに、このチラシに書いてある全文は、

“Call to reserve your spot today!”

日本語で言うなら「ご予約はお早めに。」といった感じです。

TODAY(今日)の代わりにNOW(今)を使った「お早めに」の表現

APPLY NOW
(ご応募はお早めに)

同じような表現で、NOW(今)という表現も、よく使われます。

このフレーズを直訳すると「すぐに応募してください。」となりますが、上記の「Today」と同様に、そんなに急がなくても大丈夫。

日本でも、「お申し込みは、今すぐお電話で。」なんていう言い回しをよく聞きますが、それと同じで、このような場合の、「Today」や「Now」は、決まり文句のようなものなのです。

ちなみに、このようなチラシに“Bookings Essential”と書いてあることがあるのですが、

Bookin = 予約

Essential = 必須

なので、そんなときは、必ず予約が必要です。

でも、このチラシには、Booking Essentialとは書いていないので、飛び込みで行ってしまっても大丈夫そうな感じです。

Related Article

Comment
トラックバック () コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*