英語でこんな経験ありますか~?と聞きたいときは「Have you ever・・・」

英語でこんな経験ありますか~?と聞きたいときは「Have you ever・・・」

My Queenslandという、コミュニティーニュースレターから「こんな経験ありますか~?」という表現を学びます。

色々な記事の中でも、目を引いたのが、「忘れられた敷金払い戻し」のお話。

過去25年間に、42,500人以上のクイーンズランド州の住民が、敷金払い戻し請求をしていないとのこと。

その金額は、なんと$9.35ミリオン(約9億円!)にも上り、忘れられたお金は、宙に浮いたままとなっています。

ちょっとご説明しますと、オーストラリアでは、家を借りるときにBondと呼ばれる、敷金に当たる保証金を支払いますが、これは不動産屋さんに払うのではなく、国の機関が管理しています。

賃貸契約を解除した際には、必要書類を揃えて、その機関に払い戻しの請求をします。

BONDは、通常1か月分の家賃を支払っているので、面倒だからまあいいや、という金額ではないと思うのですが。

どんだけ呑気なの?クイーンズランダー!

こんな経験した事ある? Have you ever~?

さて、この記事の書き出しは、こんな文章で始まっています。

Have you ever forgotten to claim a rental bond refund?
「今までに、ボンドの払い戻し請求を、忘れたことがありますか?」

このように、活字の文章の始まりで、問いかけ風に使われることもよくありますが、口語としても、”Have you ever~”という質問は、とてもよく使われます。

Have you ever been to Japan?
「日本に行ったことがありますか?」
Have you ever seen snow?
「雪を見たことがありますか?」

などのように、生まれてから今まで、過去に、こういう経験をしたことがありますか?という質問をするときに使います。

そして、Have you ever~の後にくる動詞は、いつも過去分詞です。

この質問に対する答えとしては

“Yes, I’ve been to Japan just once.”

「はい、一度だけ日本に行ったことがあります。」

“No, I’ve never seen snow before.”

「いいえ、今まで一度も雪を見たことがありません。」

など。

もちろん、Yes,Noだけでも通じますが、それじゃあ、話が膨らまないというものです。

Have you~?と聞かれたら、I’ve~(I have~)で答えたらよいのです。

“Did you~?”と過去形で質問したら、”Yes, I have”と返事をされて、「おっと、間違えてた!」なんていうこともたまにありますが、大切なのはコミュニケーションが取れることです。

こんな言い回しがあったな、ということを心に留めながら、間違いを恐れず、どんどん英語を使ってみましょうね。

Related Article

Comment
トラックバック () コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*