日本にいる家族や友達への連絡や、語学学校の宿題の提出など、ワーホリ中のインターネットの利用場面は多くありますが、最近では、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSや、スカイプ、Zoomなどのアプリを用いれば、昔と違って国際電話なども必要なくなってしまいました。

インターネット環境さえ整っていれば、日本への連絡はほとんど済んでしまいます。

ただ、カナダのインターネット事情は、日本と異なる部分もあるため、このページでは「カナダのインターネット事情」について説明していきたいと思います。

カナダには無料Wi-Fiが利用できる場所がたくさん!

カナダには、無料でインターネット接続ができる場所「Wi-Fiスポット」がたくさんあるので、外出時のインターネット事情は日本とほとんど同じ環境です。

例えば、マクドナルドやスターバックスなどの大手チェーン店では、必ずと言っていいほど無料Wi-Fiが設置されていますし、チェーンではないレストランでも無料Wi-Fiが使えるところがたくさんあります。

カナダでは、無料Wi-Fiが設置してある店がほとんどなので、レストラン側も設置をしておかないとお客さんが集まらない可能性があるからです。

チェーン店でのWi-Fi接続は簡単で、大抵の場合、接続後に少しだけWEB上でクリックをすれば接続できることがほとんどです。

ただ、小さなレストランだと、大抵はパスワードでロックされています。

その場合は、店員さんに「Wi-Fiはありますか?パスワードを教えてください」と聞いてみましょう。

お店の電話番号をパスワードにしている店も多いです。

最近では、地下鉄の駅でもWi-Fiが使える都市が増えています。

トロントを例にすると、地下鉄には「TCONNECT」というWi-Fiが通っていて、Twitterのアカウントがあれば、誰でも1クリックで接続できるようになっています。

ワーホリに来る人の中には、滞在費をできるだけ安くするために、携帯電話やインターネットの契約は行わず、公衆Wi-Fiだけで済ますという人もいるくらいです。(ただし、その場合はとても不便になります。)

自宅でのインターネットの利用

次に、自宅でのインターネットの利用に関して説明します。

<ホームステイ>

まず、ホームステイの場合ですが、この場合は大抵の家でインターネットを使うことができます。

その利用料金もホームステイ代に含まれていることがほとんどなので、追加で料金を支払う必要もありません。

ただし、ホームステイのインターネット接続は、日本と比べると驚くほど遅いケースがほとんどです。

家族が使うインターネットとは違う、留学生専用の安いインターネットを開設して、インターネット料金を浮かせている家もあります。

利用にも容量制限などがある場合もあるので、注意しましょう。

<ルームシェア>

ルームシェアなどでアパートを借りる際には、そのアパートが、インターネット環境が整っているかどうかを確認しましょう。

また、ルームシェアによってインターネット料金が家賃に含まれている場合と、そうでない場合があります。その点についても確認しておきましょう。

ごくまれに、アパートを借りる際にインターネット環境が整っていない場合があります。

その場合には、家主と相談して、新たにインターネット環境を整えることも検討してみましょう。

家主から接続工事の許可さえ下りれば、工事自体は15分程度で終わります。

インターネットの料金ですが、日本のインターネットと比べても遜色ないほどの速さになると、約100ドル前後が相場のようです。

これをルームメイト同士で分けることになります。

ただし、日本のように「使い放題」というプランは少なく、容量制限や速度制限が設けられているプランがほとんどなので、契約の前にしっかりと確認しておきましょう。

カナダのインターネット速度は日本と比べれば遅い

ここまで説明してきたように、カナダでのインターネット事情は日本と大きくは変わりません。

カナダでのインターネットは普及している方なので、駅や空港などの公共施設はもちろん、カフェやファーストフード店などでもWi-Fi接続できる可能性が高いので、外出先でもインターネットに説即できる可能性が高いです。

ですが、速度だけは日本と大きく違います。

日本の光回線はインターネットの接続速度が非常に速いので、カナダで日本と同じ高速なインターネットをイメージしているととても遅く感じるかと思います。

最近では大手回線会社の「Telus」が高速の光ファイバー回線を提供しているので、速度が気になる方は大手を選ぶほうが無難かもしれません。

オススメのインターネットプロバイダー


カナダでは「Shaw」「Telus」と言うインターネット回線会社大手2社が大部分をしめているので、ほとんどの方がこのどちらかの会社と契約していることが多いと思います。

Shawは元々テレビ回線を提供していた会社なのでテレビ回線と一括で契約したい人、Telusは携帯の大手3大キャリアの1つなので、自宅の電話回線や携帯電話と合わせて一括で契約したい人が契約している傾向にある印象です。

この2社はどちらを選んでも快適なインターネット環境を得られる反面、価格が高いというデメリットも存在します。

そこで、皆さんにインターネットプロバイダーの例として、「OXIO(オキシオ)」というプロバイダーを紹介してみたいと思います。

このOXIO(オキシオ)の特徴は、大手プロバイダーに比べて安い料金プランがあること、インストール費用、モデムやルーターなどの機器貸出、初期費用などが月額料金にすべて含まれているので、安心して契約できます。

一番安いプランで$40なので、平均して約$80ドルほどかかる大手プロバイダーの接続料金と比べるととても安くなっています。

安いプランを選ぶと速度は落ちてしまいますが、「滞在中はインターネットの速度はあまり気にしないから、できるだけ安くしたい」という方には向いています。

また、カナダのインターネット接続には容量制限が設けられている場合がほとんどで、容量を大きくしようとすると、高い月額料金になってしまいますが、OXIO(オキシオ)はデータ容量無制限です。

人によって必要になる容量はそれぞれですが、一般的に、Youtubeなどの動画サービスも多く楽しむという方には200GBほどの容量が必要だと思いますので無制限はうれしいですね。

ただし、ケベック州、オンタリオ州、ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州、マニトバ州、サスカチュワン州などかなり広範囲でサービスを展開していますが、サービス対象外の地域もありますので、住所を入力して対象エリアかどうかをチェックしてみてください。

もし、対象外だった場合でも、カナダには、他にも様々な中小プロバイダーがありますので、比較してみましょう。

まとめ

このページでは、カナダの無料Wi-Fi、自宅でのインターネット接続、おすすめのプロバイダーについて紹介しました。

仕事内容や、インターネットの利用頻度は人それぞれですが、月額料金のかかるインターネット料金は大きな出費になります。

インターネット接続契約をする場合には、比較をして決めるようにしましょう。

Author Profile

canada
canada
カナダ留学エージェント会社の元広報担当スタッフ。