カナダの自然で思い浮かべる景色はどんな景色ですか?

大きな山、美しい湖、動物達!

そんな景色に出会いたい人は、アルバータを目指しましょう。

その中でもカルガリーはアルバータ最大の都市であり、カナダの中で4番目に大きな街で、石油産業で栄えています。

周辺にはバンフ国立公園やロッキー山脈などがあり、マウンテンリゾートには夏はサイクリングや登山、冬はウインタースポーツを楽しむ為に、世界中から観光客が集まっています。

最近では知名度も上がってきて、ワーキングホリデーの滞在先や留学先などにカルガリーを選ぶ人が増えました。

このページではそんなアルバータの交通手段について書いていきます。

  1. カルガリー市内の交通機関
  2. 電車(Cトレイン)は南北、東西2路線
  3. バスは市内の大部分で運行
  4. それ以外の郊外はタクシー
  5. カルガリーへの行き方
  6. カルガリー空港からダウンタウンまでの行き方
  7. カルガリーから大自然へ

家賃なども他の都市より安く、生活しやすいですし、観光地としても見所が沢山ある街です。

日本人の観光客も沢山訪れるので、日本人を必要としている仕事も多いです。

ワーキングホリデー中の滞在先にはぴったりですね。

カルガリー市内の交通機関

交通機関

カルガリーには、カルガリートランジット(Calgary Transit)が運営するバスとCトレイン2つの交通機関があり市内の移動にはこれを利用しています。

カルガリートランジット(Calgary Transit)の値段は統一されていて、チケットを買ってから90分以内はバスもCトレインも乗り放題で、市内だけではなく郊外もカバーしているので、車社会のカナダの中でカルガリー市民の足になっています。

1回券$3.60

1日券$11.25

1ヶ月券$112.00

それ以外の場所では、タクシーが利用されています。

<Calgary Transit>
運賃

現金 チケット(10枚単位)
大人 $3.60 $36.00
13~17歳 $2.45 $24.50
12 歳以下 無料 無料

<Calgary Transit>
パス

1日乗車券 マンスリーパス
大人 $11.25 $112.00
13~17歳 $8.25 $82.00

バスとCトレインは共通のチケットが使えるので乗り換え時にチケットを買ってから90分以内は追加料金がとられません。

また観光するには便利なサービスもあり、ダウンタウン内は乗車無料のため何度も電車に乗ることができます。

留学生も乗車無料のエリアに住んでいれば、通勤通学の交通費がかからないので助かります。

Cトレインは市内全体をカバーしていない為、カバーされていないエリアはバスが運行しています。

バスによっては、週末は運行していないものもありますので、家を探す際などはバスの便数など先に調べておきましょう。

現金でバスに乗る時はお釣りはもらえません。

お金が足りない時や小銭がない時などは、バスの運転手さんが『次は気をつけてね。』と言って、持っている分だけで乗せてくれることもありますが、いつもそうではないので、小銭はバスに乗る前に確認しましょう。

日本のバスとは違い時間にルーズなのが、カナダの交通機関です。

バスが早かったり、遅かったりするので乗り過ごしそうになった場合、タクシーを呼ぶ時と同じく手を上げて叫べば、止まってくれたり、次のバス停で待っていてくれたりもします。

遠慮しないで、叫んでくださいね!

※バス、電車の乗り換えは無料ですが、トランスファーチケットを持っていないと、追加料金がとられます。

バスに乗る場合はお金を払った時に運転手にトランスファーチケットを必ずもらいましょう。

電車の場合も駅で必ず発行してからバスに乗り換えてください。

注意!!

トランスファーチケットがないと、そのあとの乗り換えができず、追加料金がかかります。

乗り換えの予定がない場合でも、バスに乗る際には運転手さんに「トランスファーチケットをください」といって必ずトランスファーチケットをもらってから乗車しましょう。

バス亭を乗り越してしまった場合に、降りる予定だったバス停まで戻る際にトランスファーチケットが必要になります。

電車の場合は券売機で発行できますので、電車の場合も必ず券売機で発行しておきましょう。

電車(Cトレイン)は南北、東西2路線

カルガリーの電車はCトレインと呼ばれていて、レッドラインとブルーラインが市内の中心部を通っていますが、2路線しかないので、市内全てをカバーできていません。

カバーできていない場所はバスで補完されているイメージです。

また、ダウンタウンの主要駅区間

  • City Hall
  • Centre Street
  • 1 Street
  • 3 Street
  • 4 Street
  • 6 Street
  • 7 Street
  • 8 Street

は電車移動が無料です。

レッドラインとブルーラインが両方は知っている区間が無料区間ですので、その区間内に住んでいればかなり住みやすいと思います。

バスは市内の大部分で運行

バスは市内の中心部だけでなく、市内の大部分で運行しているのでCトレインが走っていない場所の主な交通手段はバスとなります。

特にダウンタウン周辺のバスは運行数も路線も多く、市民の重要な交通手段となっています。

平日であれば運行間隔も短いので、車をもっていなくても生活できると思います。

それ以外の郊外はタクシー

観光での移動や、市内主要部での移動であれば電車とバスで移動できますが、それ以外の郊外になるとどちらも運行していない場所が存在します。

電車やバスが運行していない郊外、住宅地などへの移動は基本はタクシーでの移動になります。

カナダは比較的治安がいいのでタクシーも安全とされていますが、日本と同じで中には料金をカサ増ししようとわざと遠回りをする運転手もいますので、ルートはあらかじめ調べておくと無難です。

カルガリーへの行き方。

カルガリーへの行き方

カルガリーはカナダ西南部の交通の中心部でもあるので比較的行きやすい街です。

日本からカルガリー

エアカナダが成田から1日1便の定期便があります。

9時間半ほどで着く事ができます。

バンクーバーから

バンクーバーからは4つの方法でカルガリーに行く事ができます。

①飛行機

バンクーバー空港からカルガリー空港まで1時間半程度で着くので便利です。

②長距離バス

バンクーバー パシフィック セントラル駅(Vancouver Pacific Central Station)からカルガリー グレイハウンドバスターミナル(Calgary Greyhound Bus Terminal)まで。

所有時間:15時間以上

個人で行くなら、バスが一番安いです。

③電車

電車の場合は乗り換えが必要です。

バンクーバーからエドモンド駅までVIA Railで行けます。

④レンタカー

人数が集まるなら、レンタカーがお勧めですが、10時間程度かるので、どこかで1泊するなど工夫しましょう。

カルガリー空港からダウンタウンまでの行き方。

飛行機

カルガリー空港は街の北側にあり、車で約30分ほどかかります。

シャトルバス、タクシーまたは 市バスとCトレインでダウンタウンまで行く事ができます。

市バス(カルガリートランジット)

ルート300の市バスで空港からダウンタウン直通。

所要時間:約50分

ルート100の市バスでマクナイト駅(McKnight Station)駅まで約25分。

電車Cトレインに乗り換え、ダウンタウンまで約15分。

所要時間:約1時間

57系統の市バスでホワイトホーン駅(Whitehorn)まで行き、Cトレインに乗り換えてダウンタウンまで行けます。

所有時間:45分

タクシー

空港のタクシー乗り場には常にタクシーがおり、待たされることは殆どありません。

所要時間:約30分

シャトルバス

空港と主要のホテルを結んでいます。

カルガリーから大自然へ。

カルガリーから大自然へ

カルガリーはカナダの大自然を見に行く玄関口でもあります。

カルガリーに住むなら、訪れるなら、必ず見て欲しい景色が沢山あるので、紹介していきます。

バンフ

バンフはロッキー山脈の中にある小さな街で観光の拠点になる場所です。

バンフにはサルファー・マウンテン(Sulphur Mountain)には街から公共のバスで行けるので便利です。

頂上に行けるゴンドラもあり、バンフを取り囲むロッキー山脈を一望することができます。

バスはゴンドラのチケットを購入すると無料で乗ることができます。

アッパーホットスプリング(Upper Hot Springs)には温泉があり、疲れた体を癒してくれます。

水着着用ですので忘れないでください!

ビーチサンダルも持っていくと、足が汚れないのでいいですよ。

ゴンドラ乗り場から徒歩8分で着きますのでサルファー・マウンテンとセットで訪れるのをお勧めします。

こちらも温泉のチケットを先に買っていたら、バス代が無料になります。

カルガリーからバンフ行きのバス

ブリュースターとグレイハウンドがバスを運行しています。

レイクルイーズ

美しいエメナルドグリーンの湖、レイクルイーズ。

その美しさは、訪れた者を魅了します。

湖のほとりにはお城のようなホテルがあります。

フェアモントホテルは1900年に開業し、550室もある巨大なホテルです。

時間とお金に余裕があれば、一度は泊まってみたいホテルですね。

カルガリーからブリュースターのバスが運行しています。

ジャスパー

ジャスパーは小さな街ですが、カナダ最大の国立公園の中にあります。

そこは美しい山々、滝、エメラルド・グリーンの湖、野生動物の世界です。

夏はサイクリングやトレッキング、冬はウインタースポーツを楽しむことができます。

美しいジャスパーはユネスコ世界遺産の1つです。

グレイハウンドがカルガリーからジャスパー行きのバスを運行しています。

まとめ

自然も街も楽しめる。

それがカナダの一番の魅力です。

またカルガリーは税金が少ないというおまけまであります!

カナダにはGSTとPSTという2つの税金がありますが、アルバータ州はこの PSTを払わなくていいので消費税が5%になります。

ダウンタウンはバス乗り放題ですし、学生やワーキングホリデー中の人にはとっても助かるシステムですね!

こんなカルガリー、滞在先にするのはどうですか?

Author Profile

canada
canada
カナダ留学エージェント会社の元広報担当スタッフ。