「お腹すいた」という英語表現で日本人に一番なじみのあるフレーズは“I’m hungry”だと思いますが、“ I’m starving.”は“I’m hungry”よりも、もっとお腹がすいている状態を表すことができます。

I’m starving.
「お腹ペコペコ。」

“starve”という単語の意味を調べてみると分かると思いますが、「飢えに苦しむ、餓死する、ひもじい」という意味を持っている単語です。

この単語を使って現在進行形にすると、自分の状態を表すことができるので「飢えに苦しむ、餓死するほどお腹がすいている」という表現として使われます。

実際には餓死するほどというのは大げさですが、転じて「お腹ペコぺコ」となります。

アルクの英辞郎には“starve”の意味として「おなかがペコペコである」と書かれていますよね。

アルクの英辞郎:starve

日本人の感覚だと、「お腹ペコペコ」、「お腹が減って死にそう」、「すっごく腹減った」という感じのニュアンスです。

LucyLucy

It’s lunchtime! I’m starving. Are you hungry?
「お昼だ!お腹ペコペコ。あなたは?」

SteveSteve

I’m starving to death.
「お腹がすいて,死にそうだよ.」

The following two tabs change content below.

リスボン

イングリッシュプラス編集部リスボン。留学経験なし。英会話教室に通った経験なし。英語を学び十数年。英語ネイティブの先生に英文法やニュアンスの質問ばかりして嫌がられています。