パーティーのチラシから覚える、贈り物だけじゃない“present”の表現

パーティーのチラシから覚える、贈り物だけじゃない“present”の表現

ケアンズの町のど真ん中に位置する、レイク・ストリートは、長らく工事が続いていましたが、この度、やっと終了しました。

ということで、先日入っていたチラシに、「9月6日は、レイク・ストリートの、オフィシャル・オープニング・セレモニー”Party on Lake”があります」との告知がありました。

新しくなった道路を、1日歩行者天国にして、屋台・ファッションショー・子供のアクティビティー・その他エンターテイメント等をするとのこと。

そして、このイベントの目玉となるのが、豪華商品の当たるくじ引きで、1等賞品は、新車&ガソリン1年分&$5,000の商品券!です。

これは、見逃せない、と思いましたが、一番下に書いてある、この文章に注目。

“REMEMBER-You have to be present at the draw to claim the prize! See you at the party!”

「忘れないで1等賞を受け取るには、くじ引きの際、その場にいなければいけません!では、パーティーでお会いましょう!」

え?何時にくじ引きするんですかー?

イベントは12時から3時とのことなので、3時間きっちり待たなければならないようです。

さて、このチラシで注目したい英単語は、“present”です。

「プレゼント」と言えば、真っ先に「贈り物」という意味を思い浮かべると思いますが、”present”には、「現在」という意味もあります。

また、「送る・進呈する」や、「紹介する・提供する」など、様々な意味を持っています。

例えば、住所を書く欄に “present address”=「現住所」と書いてあったり、

身分証明などの、必要書類として

“present your passport”=「パスポートを提出すること」

“May I present Mr. smith?”=「スミスさんを紹介します」

などです。

もちろん、贈り物の意味でも、プレゼントと言いますが、”Gift”を使うことも多いです。

そして、このチラシのように、”be present”になると、「出席する・立ち会う」ということになります。

「プレゼント」のように、日本語で、あるひとつの意味として頻繁に使われている言葉は、他の意味として出てきたときに「え?」と思ってしまいますよね。

ひとつの意味に囚われてしまいがちのが、日本語英語の落とし穴。

うっかり落ちてしまわないよう、気をつけましょうね。

Related Article

Comment
トラックバック () コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*