「Anyway」「Anyways」「By the way」は日常会話の中で頻繁に耳にするワードなので日本人にも馴染みのあるフレーズですが、しっかりと使いこなせてますか?

“by the way”は少し見た目が違うので間違うことは少なそうですが、”anyway”と”anyways”は”s”が最後につくかつかないかでそっくりです。

今回はそれぞれの意味やニュアンスをしっかりと確認します。

ネイティブのように正確に使いこなせるようになれれば、ペラぺラに一歩近づけます。

anyway「とにかく」「そういえば」

“anyway”には「とにかく」という意味があり、何か会話が行われている中、話題を切り替える際に使用します。

例えば、友達と学校の宿題の話をしていましたが、がらりと話題を変えて、今晩のテレビドラマのことについて話したいとします。

MikeMike

I don’t think it’s going to be done by tomorrow.
「この課題が明日までに終わる気がしないよ。」


SteveSteve

Yeah. Me either.
「私もだよ。」


MikeMike

Anyway, which restaurant should we choose for your birthday? I’m so excited about it!
「そういえば、誕生日のときのレストランどこにするべきかな?とても楽しみなんだけど!」

などと、がらっと話題を変えるときに便利なワードです。

またそのほかにも、会話の内容を一度まとめたり、脱線してしまった話を元に戻したり、最終的な結果を伝えたり、帰らなければならないときに会話を中断する際などにも使います。

Anyway, you should wake up early if you don’t want to be late for school.
「とにかく、もし学校に遅れたくないのであれば、もっと早く起きるべきだよ。」
Anyway, let’s get started for our lesson.
「その話は置いておいて、レッスンを始めましょう。」
Anyway, I have to go now. See you on Monday.
「そろそろ行かないと。また月曜日にね。」

それぞれのシチュエーションに応じた訳をしてみましょう。

aynways「とにかく(スラング)」

本来なら”anyway”を使う部分に、ネイティブの間で”s”を付けた”anyways”がスラングとして使われ始めました。

ですので”aynways”の意味は「とにかく」となり、使い方もニュアンスも”anyway”と全く同じです。

違いは、スラングでありカジュアルな言い方であるという点です。

もちろん使われるのは会話中に限ります。

仲の良い友だちへ使うことはOKですが、目上の人や、フォーマルな文章などでは使わないようにしましょう。

“anyways”を使われて嫌な気分になるネイティブもいるので、よっぽど親しい間柄でないと使用しなくていいと思います。

Anyways, I’ll Line you later.
「とにかく、あとでラインしとくね。」

by the way「ところで」

“by the way”の意味は「ところで」となり、同じく話題を変える際に使うものです。

ニュアンスが微妙に異なり、急に話題を変えるときに「そういえばあれって・・・」というような感じで使われます。

なので、”by the way”の前に、急に思い出したことを表現する”Oh!”などが来ることが多くなります。

また、「ちなみに」という訳で、話していることにプラスして付け加える際にも使用します。

例文を見てみましょう。

By the way, I heard that you also teach German.
「ところで、あなたはドイツ語も教えているんですね。」
By the way, I used to live in Tokyo.
「ちなみに、私は以前東京に住んでいました。」

今回は、3つの話題を切り替える際に使うフレーズを見てきました。

“anyways”を使う状況にだけ気を付けて、スムーズな会話を楽しみましょう。