「by」「until」「till」「before」この4つの単語は「~まで」という意味がある前置詞で、どれも時間的な期限を意味しています。

日本語では区別がない言葉なので、違いを覚えるしかありませんね。

これから、この4つの細かい意味を確認しつつ、使い分けできるようにしていきましょう。

まず、大まかな意味を見てみましょう。

by:「ある時点までに(物事が)完了している」ということを表す
until/till:「ある時点まで(物事が)継続している」ことを表す
before:「ある時点よりも時間的に前である」ことを表す

これだけ見ても、”by” と”until, till”は意味合いが日本語とは全然違うことがわかりますね。

それでは、使い方の説明を交えながら改めて意味を確認してみます。

それぞれで意味を確認することも大切ですが、ここでは、二つを比べながら違いに気づき、使い方をマスターしていくという方法をとります。

“by”と”until”の比較

by

I have to submit the report by next Monday.
「次の月曜日までにレポートを提出する必要がある。」

until

Could you keep the documents until next Monday?
「次の月曜日まで、書類を持っていてください。」

どちらも日本語では、「次の月曜日まで」という意味で通用しますが、英語では”by”と”until”で使い分けがされています。

“by”は、「次の月曜日」というある時点で提出を完了していることを示す、「~まで」であるのに対し、”until”は「次の月曜日」というある時点まで継続して持っているということを示す、「~まで」となります。

“by”の「~まで」は、金曜日までであればいつ提出しても大丈夫、遅くとも金曜日まで完了しておけばいいという意味です。

話している今から、未来のいつかの時点まで区画ができ、その区画の中であればいつでもいいので、完了させてくださいというイメージです。

一方で、“until”の場合は、その区画の間は「継続して」いなければなりません。

期間の区画の途中で完了させることは認められず、その区画の最後まで、物事が続けれていることが求められています。

試しに先ほどの文章で、”by”と”until”を逆にしてみるとどうでしょう。

I have to submint the report until next Monday.
「次の月曜日までずっと書類を提出し続けなければなりません。」

“until”には「継続」の意味があるので、次の月曜日までずっと書類を提出し続けるというイメージになってしまい、おかしいですね。

Could you keep this documents by next Monday?
「来週の月曜日までのどこか一回だけ、書類を持ち続けてください。」

これだと、来週の月曜日までのどこか一回だけ、書類を持ち続けるという意味になってしまいます。

細かいことですが、日本語ではどちらも「~まで」という意味でも、この2つを英語では入れ替えて使うことはできないことが分かりますね。

もう一つ例文を見てみましょう。

by

I need to finish my homework by 8:00.
「8時までに宿題を終わらせる必要がある。」

この場合は、8時という「期限までに」宿題を終わらせておけばいいですね。

until

I need to study until 8:00.
「8時まで勉強する必要がある。」

この場合が、8時までという区切られた時間内はずっと、勉強を続けていなければなりません。

途中で終わっても、時間が来るまでは、勉強をしなければならないということになります。

上の文章であれば、宿題が終わればその場で開放されますが、この”until”の場合は違います。

8時までの時間はずっと、同じ動作や状況を保って継続させなければなりません。

“by”と”before”の比較

“before”には「~よりも前」という意味があり、「~まで」とは明確に意味が変わるものの、4つの中では一番”by”と似ていますので、仮に入れ替えても文章がおかしくなることはありません。

ニュアンスは変わりますが、大枠での意味はあまり変わらないといったところです。

こちらも同じ例文で使い方の違いを見てみましょう。

before

Clean up your room before 9:00.
「9時前には部屋を片付けてね。」

by

Clean up your room by 9:00.
「9時までには部屋を片付けてね。」

先ほど見たように、”by”の「~まで」は時間を区切り限定させる使い方をするので、より厳格な印象を与え、一方で”before”は「~より前」なので、やんわりと限定された時間の区切りという印象になりますが、「9時まで」と「9時前の間に」ぐらいの違いなので、「9時までには部屋を片付けてね。」というほとんど同じように思えますね。

日本語では大きく意味は変わりませんが、“by”を“before”に変えるだけで柔らかな表現になるので、この違いを知っているだけで、優しい表現ができるようになります。

“until”と”till”の比較

最後に、”until”と”till”ですが、違いはほとんどありません。

“till”のほうが、若干話し言葉であるとも言えますが、”until”のほうがフォーマルな場面でも日常会話でも両方で使われることが多いです。

書く際に、”l”の数が違うので、間違わないように注意して覚えておく必要はあります。

以上で4つの「~まで」という意味の前置詞の紹介が終わりました。

特に注意して覚えておく2つは”by”と”until”です。

同じ意味でも2つを逆に使ってしまうと、ニュアンスが全く異なってしまうので、注意が必要です。

The following two tabs change content below.

リスボン

イングリッシュプラス編集部リスボン。留学経験なし。英会話教室に通った経験なし。英語を学び十数年。英語ネイティブの先生に英文法やニュアンスの質問ばかりして嫌がられています。