「とても」を意味する“so”と“very”、皆さんはこの2つの単語の違いを考えたことはありますか。

She is so beautiful.
She is very beautiful.
「彼女はとても美しいです。」

“so”を使っても“very”を使っても、日本語訳は同じですね。

全く同じ様に見えるこの2つの文にも実は違いが隠れているのです。

インフォーマルな「so」フォーマルな「very」

“so”は友達との会話などインフォーマルな場面でよく使われ、“very”は目上の人との会話や書類などフォーマルな場面で使われます。

“so”と“very”のイメージの違いを日本語で表すなら、“so”は関西弁の「めっちゃ」“very”は標準語の「とても」でしょう。

友達に自分の彼女を自慢したい時は、インフォーマルな“so”を使って表します。

My girlfriend is so sweet.
「私の彼女はとても(めっちゃ)優しいです。」

上司に媚を売りたい時は、フォーマルな“very”を使って表します。

You are very talented.
「あなたはとても才能があります。」

置かれる場所の違い

形容詞 副詞 名詞
so/very so/very very

上の表を見てもわかるように、“so”の後ろには形容詞、副詞が続き、“very”の後ろには形容詞、副詞、名詞が続きます。

例文を見てみましょう。

☆so/veryの後ろに形容詞が続く文

That car is so cheap.
That car is very cheap.
「その車はとても安いです。」
I was so tired after working straight for twelve hours.
I was very tired after working straight for twelve hours.
「私は12時間続けて働いた後とても疲れていました。」

☆so/veryの後ろに副詞が続く文

He talks so slowly.
He talks very slowly.
「彼はとてもゆっくりと話します。」
She is so smiley all the time.
She is very smiley all the time.
「彼女はいつもとてもにこやかです。」

☆veryの後ろに名詞が続く文

He is a very good boy.
「彼はとても良い男の子です。」
It was a very difficult book.
「それはとても難しい本でした。」

新しい情報は「very」、その情報を強調する時は「so」

これはあまり知られていないルールかもしれません。

新しい情報には“very”を、その情報を強調したい時には“so”が使われます。

続けてvery/soを何回も使うよりもスマートに聞こえますね。

I just came back from the pool and I am very exhausted. I honestly did not know swimming is so exhausting.
「私はちょうどプールから帰ってきたところで、とても疲れています。正直、水泳がとても疲れるとは知りませんでした。」

余談ですが、皆さんは“so”と“very”以外でどんな強調を表す英単語を知っていますか。

いくつかご紹介します。

Extremely

とても、きわめて

I am extremely happy that he finally proposed me.
「私はついに彼がプロポーズをしてくれてとても嬉しいです。」

Quite

かなり、なかなか

It was quite a fancy dinner.
「それはかなりお洒落なディナーでした。」

Pretty

かなり、非常に

I am pretty good at singing.
「私はかなり歌うことが上手です。」

“so”と“very”の違いは理解できましたでしょうか。

“so”と“very”を使い分ける際に私が気を付けていることは、フォーマルな場面では“very”を使うということです。

日本語にも様々な「とても」を表す言葉があるように、英語にも「とても」を表す単語が沢山あります。

ボキャブラリーを増やして、より豊かな英語表現を目指したいところです。

The following two tabs change content below.
Hanna

Hanna

3歳で英語を習い始め、21歳で音楽を学ぶためにアメリカへ留学。そこで夫に出会い現在は在米で一児の母をしている。