日本語では土壇場でキャンセルすることを「ドタキャン」と言いますが、この表現を英語で言うとなると近い表現がいくつか出てきます。

I got stood up by her.
「彼女にすっぽかされた。」
She stood me up.
「彼女はすっぽかした。」
She didn’t show up.
「彼女は現れなかった。」

stood up=すっと立たせていた=すっぽかす

show up=姿を現す

このへんの表現でも十分伝わると思うのですが、英語で一番近い表現は“cancell at the last minute”になります。

She cancelled on me at the last minute.
「彼女にドタキャンされた。」

“cancell”「取り消す」は、日本語になってしまっていると言ってもいい単語ですよね。

“She cancelled on me.”で「(私との)約束をキャンセルした」となるのですが、これだとまだ「直前で」というニュアンスが入っていないので、直前を表す“at the last minute”を付け加えます。

“last minute”は直訳だと「最後の一分」ですが、「ギリギリで」や「直前で」という意味になります。

ちなみに“last minute”は“last second”に入れ替えて使っても同じ意味です。

これで、“She cancelled on me at the last minute.”「彼女はドタキャンした(彼女にドタキャンされた)」ということができます。

とまあ、これだけ覚えておけば表現できるのですが、英語ネイティブは句動詞を多用するのでついでにもう1つ句動詞を使った“cancell”「取り消す」を意味する表現をみてみます。

それが、“Back out”です。

“Back out”は「約束を取り消す」や「事業を撤退する(手を引く)」などという時に使われる句動詞でドタキャンでも使えます。

He backed out on me at the last minute.
「彼女にドタキャンされた。」

どちらの表現でもOKですが、ドタキャンという特性上ネガティブなフレーズになります。

My boyfriend cancelled again at the last minute.
「彼、またドタキャンしたの。」
 
I’m sorry I had to cancel at the last minute.
「ドタキャンでごめんね。」
 
Don’t back out at the last minute next time.
「次回はドタキャンしないでよ。」
The following two tabs change content below.

リスボン

イングリッシュプラス編集部リスボン。留学経験なし。英会話教室に通った経験なし。英語を学び十数年。英語ネイティブの先生に英文法やニュアンスの質問ばかりして嫌がられています。