海外旅行中や都市部では外国人と接する機会が多く、予想外に「ちょっと相手に謝りたい」、また逆に「相手に謝られる」という出来事が発生することがあると思います。

しかし、意外と『謝る、謝られる』という事態を想定しておらず、英語でどうやって謝って良いのか、また、どう返して良いのか、とっさに言葉が出てこないのではないでしょうか。

ここでは『謝る、謝られる』に素早く対応できるよう、簡単な英語でのフレーズをいくつかご紹介したいと思います。

とっさに謝る

(本当に)すみません、(本当に)ごめんなさい

英語で「ごめんなさい、すみません」と言わなければならない時に英語に慣れていない場合はとっさに“Sorry”の一言が出てくる人が多いかと思います。

しかし、“Sorry”の一言だけではカジュアルな表現になるので、相手にぶっきらぼうな印象を与えかねません。

そこで、シンプルに「ごめんなさい」と言う場合は、しっかりと“I’m ”を付けて謝ります。

I’m sorry.
「ごめんなさい。(すみません)」

ほんのちょっとだけ気を使って“I’m”のひとことを付け足すだけで丁寧な印象に変わります。

次に、すごく申し訳なく思い「本当にごめんなさい」と伝えたい時は、Sorryの前に“very”が“so”を付けるだけでOKです。

I’m very sorry.
I’m so sorry.
「本当にすみません。」

Sorryの前に“Very”や“So”を付け加えることによって、日本語でいう「本当に」の部分が伝わります。

“very”と“so”の違いはほとんどありませんが、言葉が違うわけですから多少はニュアンスが違います。

一般的には“so”はよりカジュアルで口語的、“very”はフォーマルで文語的と言われていたり、女性は“so”を好んで使うなどと言われていますが、迷ったら“very”を使っておけば問題ありません。

もっと気持ちを伝えたい時は、“I’m”を略さずに“I am”と言います。

I am very/so sorry.
「本当にすみません。」

あえて、I’mの部分を略さずに、I amと言うことによって、より丁寧でより申し訳ないというニュアンスに伝わります。

遅れてすみません

旅行中、ホテルのチェックインの時間や、レストランの予約に遅れるという事態はよくありますね。

そんな時、「遅れてすみません」の一言で一番覚えやすく、どんなシーンでも対応できるのが、“I’m sorry I’m late.”です。

I’m sorry I’m late.
「遅れてすみません」

これさえ覚えておけば間違いないでしょう。丁寧なニュアンスにも、カジュアルに言いたい時にも両方使えます。

また、「本当にごめんなさい」でも書きましたが、「本当にごめんなさい」と伝えたい時は、Sorryの前“very”や“so”を付ければOK。

I am very/so sorry I’m late.
「遅れてしまって本当にすみません。」

このように、言い方を少し変えるだけで、より遅れて申し訳ない気持ちを表すことができます。

お待たせしてしまってすみません

「遅れてすみません」の他に、例えばタクシーを待たせてしまったり、現地でできた友人との約束に遅れてしまったり、なんてこともあるかもしれません。

そんな時は、何と言ったら気持ちが伝わるのでしょうか。

まず、フォーマルで一般的な表現がこれです。

Sorry to have kept you waiting.
「お待たせしてしまってすみません。」

Sorryをしっかりと言うので、謝罪の気持ちがしっかり伝わります。

カジュアルに“Thank for waiting.”だけでも伝わります。

Thank for waiting.
「待たせてごめんね。(待っててくれてありがとう)」

ほんの少し遅れてしまった場合などは、こちらのほうが丁度良い表現です。

英語圏でも、現地ではこちらの方がよく使われます。

I’m sorry.
「ごめんなさい。(すみません)」
I’m very sorry. /span>
「本当にすみません。」
I’m so sorry.

「本当にすみません。」
I am very/so sorry.
「本当にすみません。」
I’m sorry I’m late.
「遅れてすみません」
I am very/so sorry I’m late.
「遅れてしまって本当にすみません。」
Sorry to have kept you waiting.
「お待たせしてしまってすみません。」
Thank for waiting.
「待たせてごめんね。(待っててくれてありがとう)」

相手に謝られたときの返し方

ここからは逆に、謝られた時の返し方です。

例えば、相手がぶつかってきて謝られた時、自分自身が相手に待たされた時など、なんと返したら相手が安心してくれるのか、をしっかりと覚えておいて、とっさに言い返せるようにしておきましょう。

気にしないでください

まず、丁寧で覚えやすく、幅広く使える万能なフレーズが“Don’t worry.”です。

Please, don’t worry.
「気にしないでください。」

Pleaseを付けることによって丁寧な印象になり、初対面の人や公共の場など広く使えます。

すごくSorryの気持ちが伝わってきたら、“Don’t be sorry!(謝らなくていいよ!)”と言ってあげましょう。

Don’t be sorry!
「気にしないで下さいね。(謝らなくていいですよ)」

「謝らなくていいよ!」⇒「そんなことお気になさらず!」というような、より気持ちがこもった表現になります。

構いません

例えば旅行先のレストランなどで、希望の席が空いておらず他の席を薦められた時など、「構いませんよ。私は気にしませんよ。」という場合は気持ちをこう伝えます。

まず、覚えやすくどこでも使えるのが“I don’t mind.”です。

I don’t mind.
「構いませんよ。」

より印象を良くする為に、I don’t mind, thank you. のように語尾に“thank you”をつけるとより丁寧な返しになり、相手の印象が良くなります。

簡単でよりカジュアルな言い回しなら“No worries.”です。

No worries.
「問題なし、心配ご無用」

日本語にすると「心配御無用!」のような、よりフレンドリーな印象になります。

よく英語圏で耳にする言い方です。

このほかにも、カジュアルで使えるのが“OK”です。

That’s fine. / That’s OK.
「全然大丈夫ですよ」

こちらもよく英語圏で耳にする言い回しで、「全然大丈夫ですよ」のような、より相手に安心感を与えるような一言です。

OKは既に日本語になっていますので、とても覚えやすく、使い安いですね。

Please, don’t worry.
「気にしないでください。」
Don’t be sorry!
「気にしないで下さいね。(謝らなくていいですよ)
I don’t mind.
「構いませんよ。」
No worries.
「問題なし、心配ご無用」
That’s fine. / That’s OK.
「全然大丈夫ですよ」

以上『謝る/謝られる』に対応する、英語の言い回しでした。

言い回しを覚えることも大切ですが、言葉を発する際に、ハッキリと気持ちを込めて、ちょっとオーバー気味に言うことが。

英語圏の人にも伝わるキーだと思います。

ご紹介した言い回しは簡単でちょっとした一言ですが、言えると言えないとでは、自分も相手も気分が違います。

海外旅行などで外国人と接することをより楽しくするためにも、このような一言がサラッと言えると良いですね。

The following two tabs change content below.

リスボン

イングリッシュプラス編集部リスボン。留学経験なし。英会話教室に通った経験なし。英語を学び十数年。英語ネイティブの先生に英文法やニュアンスの質問ばかりして嫌がられています。