待ち合わせで、時間を決めるときに使えるフレーズです。

What time is good for you?
「何時にしますか?」

例文の場合、もう場所と日にちは決まっていて、時間を決めるという場面ですね。

“Good for you” は「良かったね」、「良かったじゃん」と言う返事でよく使われますが、「あなたにとって良い」といった日本語直訳のイメージとして使え、この場合は「あなたは何時が都合がいい?」と言う感じになります。

ちなみに、“Works”や“Best”を使っても同じような表現ができます。

What time is good(works/best) for you?
「何時なら都合がいいですか?」

とても親しい間柄などでもっとカジュアルに聞く場合は、“What time good?(何時ならいい?)”でも通じます。

日にちや曜日の場合は

What day is good for you?
「何曜日がいいですか?」
What date is good for you?
「何日がいいですか?」

のように、“Time”を“Day”や“Date”に変えるだけでOKです。

場所と日時を両方聞きたい場合は

What’s good for you?
「どこで何時にする?」

のように“goood for you”だけでOKです。

時間と場所を聞きたいことは分かりきっていますからね。

答える時には“I’m free~「~なら都合がつくよ」”という感じで~の部分に都合のいい時間帯などを入れればOKです。

答え方

I’m free on Friday.
「今週の金曜なら都合いいよ。」
I’m free next Friday.
「来週の金曜なら大丈夫だよ。」

今週と来週で前置詞が変わることに注意してください。

今週なら“on” 来週なら“next”です。

これもイメージしやすいですね。

このほかにも

I’m free on Friday morning.
「今週の金曜の朝なら大丈夫だよ。」
I’m free on Friday at 10 am.
「今週の金曜の午前10時なら大丈だよ。」

などを覚えておくといいでしょう。

~時以降という答え方

予定は未定。

何時に終わるか正確に時間を読むなんてなかなか難しいですよね。

だいたい何時ぐらいには終わるか確実な線を読んでおいて、時間を答えるには「~時以降なら大丈夫だよ」という答え方がベストです。

そんなときには

I’m free on Friday after 5.
「今週の金曜日、午後5時以降なら大丈夫だよ。」

のように、時間の前に“after”を付けるだけでOKです。

~時前という答え方

以降ではなく、~時前という言い方もたまに使いますよね。

そんなときには

I’m free on Friday before 5.
「今週の金曜日、午後5時前なら大丈夫だよ。」

でOKです。

ビジネスシーンで同じような会話があるときには、下記のようなフォーマルな言葉使いをしましょう。

Please let me know what time and day is convenient for you?
「ご都合の良い日時を教えてください。」
How about tomorrow at 10AM.
「明日の午前10時はいかがでしょうか?」
I’m available on Friday after 5.
「今週の金曜日、午後5時以降でしたら都合が付きます。」
The following two tabs change content below.

リスボン

イングリッシュプラス編集部リスボン。留学経験なし。英会話教室に通った経験なし。英語を学び十数年。英語ネイティブの先生に英文法やニュアンスの質問ばかりして嫌がられています。