えっ逆に難しくなってない?英語での赤ちゃん言葉「baby talk」(幼児語)

えっ逆に難しくなってない?英語での赤ちゃん言葉「baby talk」(幼児語)

今回のは、ショッピングセンターのケアンズセントラルと、フリーペーパーのパックマグが共同で主催している、ママさんクラブへの入会のご案内から赤ちゃん言葉を紹介します。

毎月第2火曜日に、赤ちゃん・幼児向けのイベントをやっていて、会員限定の特別オファーもイロイロありますよ、とのこと。

インフォメーションセンターで、申込書に記入をするか、オンラインでのお申し込みも可能で、入会は無料。

にもかかわらず、イベントに参加すると、無料のコーヒーとケーキが付いてきたりと、ママにも嬉しいクラブなのです。

注目したのは、そのクラブの名前、”Mummy Central Club”です。

“Mummy”と言えば、「ママ」のこと、そして「パパ」は”Daddy”。

いつの時点なのかは定かではありませんが、成長に伴いこれがいつしか”Mum”と”Dad”に変わっていくんですよね。

これくらいならまだ大丈夫なのですが、英語の赤ちゃん言葉というのは、意外と難しいものです。

なぜなら、英語で育っていないので、英語の赤ちゃん言葉を使ったことがないし、勉強する機会もあまりないから・・・

おばあちゃんの呼び方ひとつにしても、ご家庭によって、”Gran”、”Granny”、”Nana”、”Nan”など様々で、赤ちゃん言葉のくせに、結構難解なのです。

それに対して、なぜかおじいちゃんの呼び方は“Granpa”くらいしかないのが不思議なところ。

面白いですよね!!

幼児は何でも語尾に“ y ”をつけて「イー」

そして、赤ちゃん言葉と言えば、特徴的なのが、動物の呼び方です。

馬は”horse”が”horsy“に、

犬は”dog”が”doggy“に、

カエルは”frog”が”froggy“に、

魚は”fish”が”fishy“と、

最後に~yを付けた呼び方に変化します。

英語圏では語尾に“ y ”をつけると赤ちゃん言葉(幼児語)になるんです。

なんだか可愛らしいですよね~!!

ちなみに~yに変化するのは、動物だけではありません。

飲み物の”drink”が”drinky”、

おばさんの”aunt”が”aunty”

などのように、赤ちゃんと話すときは、何でもかんでも、最後に「イー」といった感じです。

繰り返しバージョンもある

また、「イー」の他に、繰り返しバージョンというのもあります。

おしっこは”wee-wee”、

うんちは”poo-poo”、

おやすみは”night-night”、

ダメは”no-no”など。

これらの変化形プラス、たどたどしい口調ということで、子供の英語を理解するのはかなりハードなのです。

でも、相手は、同じことを何度も繰り返すことを厭わないので、何度聞き返してもOk。

これって、リスニングの訓練には、もってこいなのかもしれませんね~!!!

あなたもネイティブの幼児と仲良くなってみてはどうでしょうか?

Related Article

Comment
トラックバック () コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*