I like to+動詞の原型
I like ~ing

 

これはどちらも~をすることが好きですという意味で使われます。

 

to+動詞の原型は不定詞と呼ばれ“ ~ing ”の~には動詞が入り動名詞と呼ばれています。

 

どちらも動詞に“ to ”か“ ing ”が付くことにより名詞扱いになり「~をすること」と言う意味で使われます。

 

つまり日本語では全く同じ意味で使われるのですが、英語のニュアンスは違うと言われています。(本で読みました)

 

その説明するには少し文法の話をしなければならないのですが、文字で書くと小難しくなると思うので簡単にまとめてみました。

 

このフレーズで使う動詞には3種類ある
 

1・・・不定詞と相性の良い物がある
2・・・動名詞と相性の良い物がある
3・・・不定詞とも動名詞とも相性の良い物がある

 

不定詞の名詞的用法とか目的語を取る取らないなんて書くとアレルギーが出ると思うので相性と言う書き方にしてみました。

 

で、詳しくは英文法の本で読んでいただきたいのですが今回のフレーズで使う動詞“ like ”は3のどちらとも相性の良い動詞なので

 

read-book
 

I like to read a book.「私は本を読むことが好きだ」
I like reading a book.「私は本を読むことが好きだ」

 

と言う使い方が出来ます。

 

ただし前述したようにニュアンスが違うらしいと言うことなんですね。

 

ちょっとこれを見て欲しいのですが本にはこのように書かれています。

 

to+動詞の原型 不定詞 未来志向
~ing 動名詞 過去志向

 
不定詞と相性がいいか、それとも動名詞と相性が良いかはこの未来志向or過去志向で動詞の相性が決まることは分かるのですが、じゃあ両方使える“ like ”はどうなの?と聞かれるとニュアンスめっちゃ微妙じゃないですか?

 

有名どころで言うと“ forget ”“ remember ” “ stop ”という動詞はどちらとも相性が良いのですが、不定詞で使うか動名詞で使うかで全く意味が異なるのでニュアンスで困ることはありません。

※詳しくは文法の本をみて

 

でも“ like ”はどちらでも使えるのに意味が同じなんですわ。

 

どっちがどうなん?

 

ってすごく疑問に思ってしまって夜も眠れないので家にある文法書を片っ端から読みなおしたのですが“ like ”のニュアンスに関しては何も書かれていませんでした。

 

なので実際に例文をいくつか出して未来っぽい訳し方と過去っぽい訳し方で比較してみたのが下記。

 

I like to swim.「私は泳ぐことが好きだ」
I like swiming.「私は水泳(泳いでいる)が好きだ」

 

swim

 

I like to run.「私は走ることが好きだ」
I like running.「私はランニング(走っている)ことが好きだ」

 

run

 

I like to go to Hawaii.「私はハワイに行くことが好きだ」
I like going to Hawaii.「私はハワイに行っていることが好きだ」

 

hawaii

 

こんな感じになりました。

 

これ理屈で考えると、するのが好きかしてるのが好きかぐらいの違い何じゃないかなあと予想できます。

 

で、改めて本を読むことが好きを比較してみると

 

I like to read a book. 「私は本を読むこと が好きだ」
I like reading a book. 「私は本を読んでいること が好きだ」

 

このぐらいの違いなんじゃないかなあと思うわけですよ。

 

それとも“ like ”は例外でまったく同じニュアンスで使うのか・・・・・ということで、次はググッてみることに。

 

ネイティブの知り合いがいるんだから聞けよって話なのですが面白そうなので!!!

 

そしたら一応出てくるのですが、

 

まずは英語学習系大手のアルクさんの記事
引用元:http://www.alc.co.jp/speaking/article/question/101001.html
う~ん、ほとんど違いはないと書かれていますね。

知恵袋
引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1252954502
like to 不定詞 → ~したい(これからの出来事)
like –ing→ 「~する事がすき」(個人の嗜好)

教えて!goo
引用元:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5489996.html
like *ing の場合は、単に「*するのが好き」。
like to * の場合は、少し want to * に近いニュアンスがあるようです。
日本語では、「~したがる」「~したい」「~したくなる」という感じです。

 

これがホントだとすると、不定詞を使うと本を読みたいってニュアンスになるわけですね。

 

他にもいろんな英会話学校の記事が出てきたのですが、to 不定詞は「~をしたい」と言うニュアンスが含まれると書かれていました。

 

いったいどっちなんだ。。。

 

ということでネイティブに質問して返事が来たら続きを書きたいと思います。

 

気が早いんで結果が分かる前に記事にしてしまいました。。。。

 

来週に続く。。。

 

詳しい人教えて。。。

追記

帰国子女によるとニュアンスの違いは感じないそうです。

感じないってのがネイティブっぽいですねww

バイリンガルの知り合いも同じニュアンスで使ってるそうです。